コロナでワーホリが延期・・こんな時だからこそ!お悩み別・出発前おすすめの過ごし方(#63)

コロナでワーホリが延期・・こんな時だからこそ!お悩み別・出発前おすすめの過ごし方(#63)
●●●

ワーホリが中止になった・・・どうしよう・・・

 

いまや世界中のあらゆるところで#Stayhomeが求められる世の中。。。「楽しみにしていた留学が中止になった」「ワーホリ期間を数ヶ月残してやむなく帰国に」「渡航の為に仕事をやめたのにキャンセルになったから収入がない」など、悲しいコメントをいろんなところで目にします。費用も時間もかけてした決断が、誰のせいでもなく中止になってしまうなんて・・・また自体の収束が見えないことも合間って、不安は募るばかりですよね。ただ、だからと言ってこのネガティブな状況を受け入れるだけではもったいない!まく時間を使うことで、英語力やスキルの向上、はたまたリモートでの稼ぎ方など、いろんな力や知識を得ることができます。今回はそんな海外渡航が中止になってしまった人のために、私が【カナダに行く前にもっとやっておけばよかったこと】をまとめてみました。

\こんな人のための記事!/

-コロナの影響で急遽ワーホリが中止になった・・お金もないのに時間だけが無限にある・・!
-渡航までの猶予期間がたっぷり!充実した準備期間にしたいなあ



英語力を伸ばしたい!

留学やワーホリが延期となった今、少なからず半分くらいの人は思うのではないでしょうか。そして実際、海外に行った後、みんな口を揃えていうのが「もっと英語を磨いておけばよかった」と。最近ではフィリピンなどの比較的近くて物価が低い地域で、英語を学んでから渡航するワーホリや留学パターンも多いですが、英語の勉強なんていうのは今や日本にいたってある程度はできてしまいます。(もちろんネイティブの環境で学ぶのは自分の経験からしてもベストではあるが)今日から切り替えて、ストレスのない程度に英語に触れていこうじゃないですか!!(えい、えい、えいっ!!!)

1)とにかく海外ドラマでリスニングを極める

とはいえ、なかなか日本でモチベ高く英語の勉強なんてのは、よほど筋の通ったブレない人間しか無理ですよ。(そして私もそちら側の人間ではない)帰国してからより一層思いますが、日本で言語に不自由しない環境で、英語を(受験勉強やTOEICとかではなく)習得するのはかなーーーーり難しいです。ちゃんとできてる人は並大抵の努力以上をしていて、普通の人はまずそこまでのモチベに慣れないと思います。なので個人的に日本で最低限しておきたいのは、まずネイティブの音を耳慣れさせること。赤ちゃんもまずは耳から言語を覚えます。そして一番能力の劣化が遅いのもリスニングです。時間ができた今、ちょっと厳しめに日本語字幕なしでドラマを見続けてみましょう。

【今週のNETFLIX】日本人でも吹き出すアメリカンコメディ!BROOKLYN NINE-NINE(#48)

 

2)外国人のお客さんが多い場所でアルバイトする

昨今の緊急事態宣言の下では現実的ではありませんが、コロナが収束した頃にぜひ取り組んでみて欲しいのがこちらです。英会話や留学に行くことが経済力的に諦め一択だった私は、この方法でリスニングをあげてました。お客さんの会話を事細かに盗聴するレベルで聞いていると、それだけでTOEICのリスニングが150伸びた・・・!それでいて稼げるので最高です。またその経験もあってワーホリ時にはレジュメにも「英語で接客していました」「メニューの説明などしてました」って事実を記載できたので、即採用にもつながったことは言うまでもないです!!なんておいしいバイト!!!特に六本木は外資系企業が多く、ランチは賑わうので、そういったチャンスのあるお店が多いですよ。ぜひワーホリや留学のために仕事をやめた、でもまだ渡航には時間がある、という方挑戦してみてくださいね!

活かせるスキルを身に付けたい

1)ブログを開設する

ワーホリをきっかけにブログやYoutubeを開設する人が多いですね。私ももちろんその一人ですが、正直日本で設定すべきことはやればよかったと思っています。特にワードプレスなどを利用して、サーバーからブログを立ち上げたいという人は、初期設定にある程度の時間が必要になります。また海外にいることで面倒な部分がでることもあるので、視野に入れている人はぜひこの期間を活用するしかないぞ・・・!

【初心者向け】blogとvlog 今から始めるならどっちがおすすめ?身につくスキルや難易度は(#61)

2)学びたいことをあえて英語で学ぶ

英語の力を伸ばすことにもつながりますが、時間がたっぷりあるからこそ出来ることの一つです。特に自分が「やりたい!!」と思ったことはモチベが高く、継続出来る可能性が高い!!リスニングが得意ならYoutubeなどのチュートリアルを利用したり、リーディングの方が得意ならば、テキストタイプのオンラインコースを受講したり、あえて何かを「英語」で学ぶという挑戦。私はこの方法でHTMLをトロントで学んでいたのですが、今思えばその時間をもう少し友達との時間にできてれば・・・と思ってしまうこともしばしば。ワーホリは楽しむこと、自分が自分らしく生きれることにつきますが、目的ややってみたいことがあるのであれば、そのための準備を英語に絡めてしてみると、より大きなチャンスを得れるかもしれませんね。

収入がなくピンチ!稼ぎが欲しい!

1)クラウドソーシングで仕事受注

経済は停滞気味ですが、完全に仕事がこの世からなくなっているわけではありません。特に最近はクラウドソーシングが一般化してきて、誰もが在宅で収入を得ることができます。webサイトの作成や動画制作などスキルを要するものから、記事のライティングやアンケート回答、データ入力など簡単なものまで様々です。また今後フリーランスとして働いていきたい、と思っている人にもこの経験は役立つと思います。なぜならその仕事の相場がわかるから。いかに会社員の時給がアツいか(企業にもよりますが)、いかにフリーランスがスキルを要するか、などなど、軽々しく「フリーランス」と口にしてきたのであれば、彼らが彼らなりの努力をしないといけないことがわかります。ワーホリ渡航後でも収入を得る一つの手段になりうるので、PCなど仕事環境が整っていればぜひチェックしておきたいところ!


その他_ワーホリ1日目から仕事を探したい!という人へ

1)英文レジュメを作っておく

ワーホリが始まったら、アラブの石油王の子息でもない限りみんなそれなりに働くでしょう、きっと。それには言わずもがなレジュメが必須です!語学学校に通う人は、その中で作ったりするかもですね。しかし今はネットを使えば誰だってネイティブの添削をもらえることも可能。日本で作っておけば、カナダについたその日から仕事探しもできちゃいますよね。しかもレジュメって作ろうと思うと意外と時間がかかる・・・渡航してからあーでもない、こーでもないと考えるのはちょっと野暮です。この自粛期間に、1日ちょっと集中して作ってみると英語の勉強もできて、まじで有意義、自分神かな?ってなります。

【テンプレート有】レジュメの書き方と面接に繋げるコツ(#23)

2)働きたいお店をとにかくインスタとかで見つけとく

本当に今日は便利な世の中ですな。カナダの仕事探しは歩き回ってレジュメを渡す、ウォークインスタイルも一般的です。直接お店の雰囲気もわかるし、どんな場所にあるか、どんな人がいるか自分の目で判断できるのがメリットとしてあげられますが、多くのサービス業はインスタなんかでも確認ができますね。特に向こうの方はフランクなのもあってか、「いえーーーい!」みたいな感じで従業員が楽しそうにしてる写真なんかもあげられがちです。結構インスタでお客さんとの距離の近さや、従業員同士の仲の良さ、社内イベントの有無などがわかるので参考になります。暇ならどんどんディグっときましょ!

まとめ

何か興味深いものはありましたでしょうか?学生も社会人もたかが1年のワーホリであっても、それによって休学、退職、収入、保険、将来計画などなどいろんなことに影響がでるはず、不安な方も多いと思います。自分がその立場だったら・・・と思うと怖すぎですね。。ですが焦らず、時間ができたことによるチャンスの活用や、今まで後回しにしていたことなどを補う期間として、存分な準備ができればなと思います。みんなでこの危機を平和に乗り越えられますように:)